HAPPY*DIARY

気ままな日々の暮らしを綴る雑記帳・・・
<< 鑑賞供А屮瀬蠹検 | main | レッスン納め >>
鑑賞掘А屮乾奪曚肇粥璽ャン展」

3日目は、一番見たかった「ゴッホとゴーギャン展(〜12/18まで)」@東京都美術館へ。

以前鑑賞した「ゴッホ展」では、素晴らしい代表作の数々に魅了されましたが、あれから何と11年も経っているとは!

今回は、作品展示も約60点と少なめでしたが、短い共同生活をしたゴーギャン作品との対比により、二人の関係や芸術性の違いに触れることができました。

同じ景色でも、写実的に描くゴッホと、想像を広げて描くゴーギャンでは、構図も色使いも全く異なる画に。ダリもそうでしたが、画家の思想が作品に反映されるのですね。

ゴッホのゴーギャンへの友情=執着?から、後の病による別離を思うと、ゴッホ作「ゴーギャンの椅子」は悲しく見えますが、晩年にゴーギャンが描いた「肘掛け椅子のひまわり」は海辺で笑う健康的なゴッホを思わせ、温かい気持ちになります。

絵画を通して、二人の人生に思いを馳せることができるなんて・・・。画家自身がどんな思いで描いたのかはわかりませんが、見る者の気持ちを癒したり、強いパワーを貰える絵は、いつまでも眺めていたくなります

| YUNYUN | 鑑賞 | 19:59 | comments(0) | - | - | -









     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

このページの先頭へ